まいんまいんサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lump of Sugar 過去弾パートナー紹介

考察

 

f:id:mainmainchaos:20170202230323j:plain



お疲れ様です。湊です。

今回は<OS:Lump of Sugar>の過去弾パートナーにスポットを当て、各作品から1パートナーずつ紹介していこうとおもいます。

 

 

◯Magical Charming!
・頼りになるお姉様「白神 姫百合」

f:id:mainmainchaos:20170202224150j:plain
マジチャからは姫百合を紹介します。
姫百合のテキストはちょっと複雑ですが、エクストラでない相手キャラにガードさせることが起動条件となります。テキストを確実に満たすことができるようになる『興味津々「アリサ・ガーランド」』、『自然な動作「西条 緋文」』の出現により、強化がなされています。
また、裏にした際の誘発効果は強制ではありますが除去に使用した手札を補充してくれます。
『みんなの意志』や『神気の輝き』など手札消費が軽い除去が増えたこと、『綺久羅美を継ぐ者"太転依"「泉戸 ましろ」』により貫通を得やすくなったことで強化されたパートナーです。

パートナーには【攻め】の為のテキストしか書いてないため、フレンドも攻めに寄せた採用とするか、フレンドは守りに寄せた採用とするかなかなか難しいところです。

個人的には『フローレスのコスプレ喫茶』により必要最低限の防御は可能な為、全体的に攻めに寄せた方が相性が良いと思っています。

 

◯世界と世界の真ん中で
・友達作りの名人「月館 美紀」

f:id:mainmainchaos:20170202224210j:plain

せかちゅーからは美紀を紹介します。
美紀自身のテキストは<ドロー+サイズ+貫通>と近代パートナーたちに求められるステータスが全て書いてあります。
しかし、美紀の特筆すべきことはその相方である『夕暮れの宣言「桜庭 希」』の圧倒的性能です。
自分のカードの効果やコストで自身が裏になったら美紀がイベント無効になるという最近の相方達もびっくりの性能です。条件がものすごく軽いというのが非常に高評価です。

美紀の強みはこのイベント無効とステータスの高さです。そのため、上昇無効のイベントやキャラにものすごく弱いです。上昇無効イベントやキャラは自分のターンはかわす手段がありますが、相手ターンはかわすのが難しいため、そこをどのようにケアしていくかがポイントになりそうです。
相手や環境によって盤面のメタカードを変えて戦うパートナーのため、純粋にキャラの選択肢が増えることがその強化へとつながります。
是非とも採用したいのは『町のアイドル"太転依"「泉戸 こはく」』とそのエクストラである『二人の秘密「西条 緋文」&"太転依"「泉戸 こはく」』です。
パートナーのステータス向上と焼きメタを内蔵しているため相性はとても良いです。

 

◯運命線上のφ
・家族の絆「久遠 凪咲」

f:id:mainmainchaos:20170202224222j:plain

φからは凪咲を紹介します。
凪咲はバトルフェイズ中に山札の上から3枚を見て並び替えてもよいというテキストを持っており、そこに付随して貫通を得るか耐久を3上昇させるかを選択できるパートナーです。

このバトルフェイズ中に任意のタイミングで山札の上から3枚を見て並び替えるというテキスト(長いので以降【3確】と呼称します)を最大限活かすことが勝利に繋がります。

というのも凪咲の相方?である『怪盗「カレイドバニー」』は自分の山札の上から3枚を見た際に攻撃力が2上昇し、貫通を得ます。つまり3確して初めてサブアタッカーとして機能するわけです。

今回の追加により、常駐するメタが3確復帰と同ネームのテキスト相性がよいカードが出ました。(『和解する二人「湯ノ花 菜乃」&"太転依"「泉戸 こはく」』)
盤面を【サブアタッカー】+【メタカード】で固めつつサブアタッカーの攻撃力を上げやすくなったというわけです。

また防御札が強くなったことも追い風です。オートレベルアップを仕込み易いパートナーなので、必要最低限の防御札で最大効率を出し易いというわけです。

 

◯恋想リレーション
・ディア・マイ・フレンド「アリサ・ガーランド」

f:id:mainmainchaos:20170202224249j:plain

恋想からはアリサを紹介します。
テキストが相手のバックヤード枚数に依存します。4枚で攻耐2修正、6枚で自身と誰か1面がタッチレストを持ちます。上手くフレンドが並べばタッチレスト3面になるなど、なかなか強力になります。

恋想はアペンドを利用した専用エクストラの『妄想検索エンジンDoosle』が最大の強みになります。
相手のバックヤードを増やすことができるかつアペンド持ちの『プール×物陰×ドッキドキ』はアリサデッキでは重大な役割を担ってくれるでしょう。

また、『綺久羅美を継ぐ者"太転依"「泉戸 ましろ」』という、相手の控え室をバックヤードに送ることができ、なおかつパートナーが貫通を得るというとても相性の良いカードが収録されました。弱点でもあったバックヤードに送るor貫通を得る(『お風呂上がりの「丹生 佳津美」』を使う場合)ためにカードを引かなくてはならないということもなくなるため、自分の山札を大事にしながら立ち回ることかできるようになったのも追い風です。

発売当初からあまり使用されていないパートナーということもあり、まだまだ研究しがいのあるパートナーです。

 

◯コドモノアソビ
・慰撫者「比名子 みちる」

f:id:mainmainchaos:20170202224300j:plain

最後はコドモノアソビからみちるを紹介します。
パートナーがダメージ減少テキストを有しているため、非常に耐久力があるパートナーです。また、フレンドの攻撃か耐久を4も伸ばすことができるため、フレンドの採用の仕方で大きく攻め方が変わるパートナーでもあります。

今回の追加で嬉しい強化となった部分は『和解する二人「湯ノ花 菜乃」&"太転依"「泉戸 こはく」』と『三文芝居「小鳥遊 ゆみな」&"太転依"「泉戸 ましろ」』です。
先制防御エクストラは以前から存在していましたが、メタを内蔵しているわけではいなかったため、非常に除去しやすいという欠点がありました。しかし、今回の先制防御は焼きメタと回収メタを内蔵しているので恒常的な除去を受けずらく、かつそもそも除去しにくいため、相手のフレンドを受けやすくなります。
リベンジ内蔵エクストラも、もともとキャラとして存在していましたが、今弾で登場させやすいエクストラが収録されました。そのため、序盤から安定した防御面が用意でき、守りやすくなりました。素体を『綺久羅美を継ぐ者"太転依"「泉戸 ましろ」』とすることで、最悪エクストラ化する余裕が無くてもパートナー自身のステータスが伸びないというみちるの弱点を克服してくれているため、無駄がない組み合わせとなっています。
みちるは登場した時から、相方と呼べる専用フレンドが存在していなかったため、盤面自由度とマリガン基準が緩いというのも今となっては強みと言えます。
安定してスペックを出力することができますから、いわゆる【事故】は発生しづらいです。

上述したとおり、みちるは防御面は非常に安定していますので、攻め手をどのように変えていくかで盤面は大きく変わります。貫通をもつアタッカーを用意して戦う、直ダメを与えるフレンドを用意して直ダメで戦う、除去内蔵フレンドを用意して戦う...様々な型が考えられます。
どんな攻め手が環境的に、みちる的に最善な攻め手となるか都度変えていく必要がありますね。

 

今回は過去弾から全作品1人ずつパートナーを紹介させていただきました。

他にも追加により強化されたパートナーはいっぱいいますので、皆さんも過去弾に目を向けて見てはいかがでしょうか。また、本記事で少しでも過去弾パートナーに興味をもっていただけたら幸いです。


それではこの辺で失礼します。お疲れ様でした。