まいんまいんサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世のため人のため「スノーホワイト」デッキレシピ&解説

f:id:mainmainchaos:20170412121307j:plain

お疲れ様です、しのんまいまいです。
今回は"世のため人のため「スノーホワイト」"の紹介です。

 

 

 

 

 

スノーホワイトってどんな中央?

 
スノーホワイトはChaosTCGに最低限必要なテキストと言われている"ドローサイズ貫通"を備えながら、タイトルの特権を活かしたテキストも書いてある中央です。


まずキャラの登場時に1ドローと貫通付与。
誘発しやすい条件なのでドローも積極的に行えます。
次にバトル始めのテキスト。
まずフレンド1体に2/2上昇を与えます。
専用フレンドのラピュセルやハードゴアアリスだけでなく、デッキに入っているフレンドの全てに上昇させる選択肢があります。
相手に合わせて上昇するフレンドを変えられるのはいいですね。
そしてフレンド二体以上で自身が3/3上昇。
これでChaosTCGのパートナーに最低限必要と言われる、ドロー貫通サイズが備わりました。
最後にフレンド二体以上で控えの"マジカルキャンディー"とついたカードを回収。
こちらで回収できるのは"アプリオの制服"互換のカードと"増えるマジカルキャンディー"という互換のないカードです。

 

f:id:mainmainchaos:20170412121705j:plain


"増えるマジカルキャンディー"は3つのテキストから1つを選択するというもの。

1つ目は【セット】をもたないセットを一枚控え室に置いてから、控え室のイベントを回収できます。ノーコスト通信機を割ってからイベント回収ができると綺麗ですね。
【セット】をもたないセットがなくても控え室のイベントは回収できるので、それだけでこのテキストを使うことは十分に考えられます。

2つ目はメインバトル両方で目標のキャラ一体に3/3減少を振れます。
この効果はターン1でしか使えませんが、バトルの際の数値勝負に始まりキャラの裏取りにも使えたりと、役に立つシーンが多い一枚です。
リゼロでよく採用されている覇王スバルのステータスは8/3なので、これで減少して裏にすれば死に戻りを使えないも同然です。
これが裏取りで1番見かけるシーンかと思われます。

3つ目はキャラ一体のスキルを全て無効にします。
貫通を無効にして被弾を失くすのが主な役割。
専用フレンドのラピュセルがターン終了時にスタンド状態になるので、そこに貫通無効を使えばうまく守れます。
また貫通の有無に関係なく先制防御などのスキルも無効にできるので、完全スキル無効のカードとして非常に質が高いです。

 

f:id:mainmainchaos:20170412121723j:plain

次に専用フレンドのラピュセルの紹介。
テキストはスノーホワイトの交戦時に2/0か0/2を二体両方に振るのと、自ターンにスノーホワイトの効果でラピュセルの数値が上昇したときに自身に2/2貫通&終了時スタンドというもの。
自ターンには12/9貫通がデフォで行えるので、アタッカーとしては申し分ないステータスです。

また、バウンス乱入なので比較的出しやすいです。
前述した通り、スタンドする効果と"増えるマジカルキャンディー"のスキル無効テキストと相性がいいです。

 

これらのカードを使用したデッキレシピを、今回は二種類用意しました。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122007j:plain

(今回は画像のみでのレシピ掲載です)

 

f:id:mainmainchaos:20170412122158j:plainf:id:mainmainchaos:20170412122240j:plain

こちらのデッキはフレンドでも積極的にアタックできるように組んでいます。
"ブービートラップ「カラミティ・メアリ」"や"未来志向の魔法少女ロボ「マジカロイド44」"とアタッカーも多めに投入されています。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122312j:plainf:id:mainmainchaos:20170412122317j:plain
"初めての変身「たま」"(ゲールテキスト持ち)と"たった一人の理解者「犬吠埼 珠」"(名前違うけどたま単騎です)の採用によってフレンドも積極的に殴れる状況にできます。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122418j:plainf:id:mainmainchaos:20170412122454j:plain


また"怪獣退治"(コツ互換)や"月下の覚悟"(失策互換)を多く採用しているので、フレンドの除去も簡単と行えます。

"増えるマジカルキャンディー"のスキル無効やイベント回収もうまく使える状況が非常に多いので、スノーホワイトの効果で回収した分だけ使えるでしょう。

 

やることもシンプルなので、スノーホワイトを組みたいという人はまずこちらを組んでみるのをオススメします。

 

次にこちら。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122027j:plain

 

f:id:mainmainchaos:20170412122616j:plainf:id:mainmainchaos:20170412122623j:plain

こちらは一つ目のレシピと違い、"魔法ニート少女「ねむりん」"と"短気で鋭利な魔法忍者「リップル」"の二枚を活かそうと思いました。
ねむりんの効果で相手のフレンドを曲げ、リップルでスタンドし直したキャラをさらに曲げ直すことでパートナー同士のバトルを狙っていきます。


パートナーが自身効果とねむりん、リップル、ラピュセル効果でアタック時に10/5上昇までいくので、パートナー同士のバトルでは負けないつもりです。
パートナーとラピュセルでアタッカーは足りると判断したので、他のキャラはあくまでサポート要員として採用しています。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122714j:plain
盤面が揃うと曲げ切れない場面が出るので、終盤は"魔法女ガンマン「カラミティ・メアリ」"の覇王テキストで勝ちを狙っていきます。
こちらはリップルの効果でバックヤード送りが頻繁に行えるので、思った以上に溜まるのが早いです。
また直ダメで相手の残りデッキを削りたいなら、"博愛主義者「シスターナナ」"(乱入カオス互換)を採用するといいでしょう。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122820j:plain
"ピーキーエンジェルズ「ミナエル」"(杉並互換)が入っていたりと一つ目のデッキよりも遅いゲーム展開で試合を狙っているので、僕個人としては大好きなデッキです。

 

その他のカードの紹介。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122616j:plain

"魔法ニート少女「ねむりん」"


新時代の横用RRといえるでしょう。
裏だと勝手にバトルはじめにどこにでも2/2上昇で自分ターンだと復帰、表裏コストで曲げか貫通無効さらに1ドロー。
テキスト量が尋常じゃないです。


貫通無効テキストを有しているので、相手にとっては裏取りしなければならないフレンドの一体として注意されます。
しかし裏なら裏で2/2上昇を振れるので、タダでは死にません。
メイン中にテキストを使わないでバトルに入ることで、ねむりんも相手の表スタンドテキストを使ったタイミングに合わせて曲げられます。


単騎も智樹だったりと、まさにパワーカードという感じです。

 

f:id:mainmainchaos:20170412123430j:plain

"魔法少女育成計画"

タイトル特権といえるエクストラカードです。

基本的には初動の安定感に始まり、重要なカードの回収(また相手の控えメタおよびバック送りの強要)、手札を使わない裏取りとやれることは多いです。

"プラスティック・メモリーズ"や"死に戻り"などのエクストラカードのような派手なテキストはしていませんが、デッキを円滑に動かせるようになると思えば、他のエクストラカードとの差別点になると思います。

実際このタイトルのおかげか知りませんが、まほいくのデッキが事故しているシーンを見たことがありません。

 

f:id:mainmainchaos:20170412122924j:plain

"黒から白への贈り物「ハードゴア・アリス」"

 

今回は採用しなかった、スノーホワイトの専用フレンドともいえるキャラです。

ダメージを受けた時に回復するという破格のテキストです。

 

しかし、曲げや裏取りに対する耐性はなく、このカードに依存した守りは強力ですがもろい一面もあります。

今回のデッキレシピは"増えるマジカルキャンディー"や"魔法ニート少女「ねむりん」"での貫通無効を守りの要としているので、採用を見送りました。

 

 


まほいくはスイムスイムが注目されがちですが、スノーホワイトも十分戦えると思います。
まほいく自体色々と遊べるプールなので、この機会に組んでみてはどうでしょうか?

今回はここまで。また次回!

お疲れ様でした