まいんまいんサイト

Chaosキュードラのオススメ採用カード、禁止推奨カードの紹介

 

f:id:mainmainchaos:20180709194333j:plain

 

こんにちは、しのんまいまいです。
今回はキュードラ解説の二回目、キュードラのオススメ採用カード、禁止推奨カードの紹介です。

 

 


1.パートナー

 

①採用パートナーの用意

・パートナーの強さをある程度ランク付けしておく。
・専用ネーム指定のパートナーはなるべく避ける、またはランクを下げる。

大事なのはここですね。
僕はパートナーをランダムに選んでもらう前に、設定したランクごとにパートナーを分けています。
強さ順にA~Dとして、

A;2017年~最新弾近くまで
B;2015年後期~2016年
C;2014年後期~2015年前期
D;2013年前期~2014年前期

くらいで分けています。
あくまでだいたいの基準なので、昔のパートナーが高いランクにいたり新しいパートナーが低いランクだったりします。
例えばの話、天河舞姫はDランクです(笑)
専用ネーム指定のパートナーをランクを低く設定することで採用したりも。
スイムスイムくらいなら下のランクでもやれそうですよね?

どうしてDまで、2013年までかというと、それより弱いパートナーだとゲームスピードが遅くなったりフレンドの方が強いわでいいことないです。

こういったドラフトで光るようなパートナーはなるべく使ってあげたいですね。


②オススメのパートナー

 

Dランク

 

f:id:mainmainchaos:20180709184347j:plain

“織田家”天下布武「久遠」
サイズとドローが書いてあるので、攻守ともに万全なパートナーです。
セット以外に要求してるものもなく、フレンドの自由度が高いのも魅力です。
Dランク全体に言えることですが、貫通付与が試合中の課題の一つといえます。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184431j:plain

不幸忍者「見当 かなみ」
パートナーに除去が書いてあり、攻めが顕著です。
貫通もいらなかったりするので、別の箇所に枠を割くことができます。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184447j:plain

不世出の怪物「シフォン=フェアチャイルド
こちらは、受けのテキストであるダメ3減を内蔵しています。
ただドローが書いてないのがネックであり、それをどう解決するかが問題となります。
ダメ3減同士の試合は極端なスローゲームになりやすいので、同じランクにダメ3減は一種類しか用意しないことをオススメします。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184524j:plain

超高校級の御曹司「十神 白夜」
どのランクでもセット嫁は強かったりします。
なにぶん、セットを要求してる分パワーがあります。
ただ携帯互換などを必ずしもpickできるわけでもないので、ネオスの構築よりも工夫が必要となります。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184555j:plain

ダイヤのエース「エイラ」
いきなり2012年のパートナーとなり驚かれたかと思いますが、「なんでも回収」はこのドラフトで非常に強力なテキストとなります。
そりゃハイランダー構築の中から今欲しいカードを調達できるわけですからね。
反射なんてなくても、上記のパートナー群と互角に戦えます。

 

Cランク

 

f:id:mainmainchaos:20180709184702j:plain

白銀の君を追いかけて「八日堂 朔莉」
ドローごとに上昇という、サイズで制するパートナーです。
先制防御カードを多くpickすることで、守りも固められます。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184737j:plain

太陽のような笑顔「我那覇 響」
リベンジするパートナーです。バトルテキストを使い分けることで小回りも効きます。
アイマスOFAのパートナーは専用ネーム指定のものが少なく、ドラフト向けのパートナーが多いのでオススメです。
朔莉もでしたが、Cランクは2バックコストのパートナーが多くなる傾向があります。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184821j:plain

ありのままの自分で「瀬名 愛理」
貴重なチェルミ内蔵パートナーです。
盤面完成まで耐える必要がありますが、4ターン目以降の破壊力はお墨付き。
表裏コストのフレンドと相性が非常によく、ネオスよりも活き活きと動くパートナーの一枚です。

 

f:id:mainmainchaos:20180709184921j:plain

温厚な箱入り娘「花之宮 瑞穂」
相手のバックヤード参照のパートナーです。
愛理と同様に後半の破壊力は相当のもの。専用フレンドがいないことを除いても使いたくなるパートナーかと思います。
ドラフトなら瑞穂でましろとかカボチャ打てるかもしれないんですよ!!??

 

f:id:mainmainchaos:20180709185010j:plain

アークプリースト「アクア」
後半強いパートナーを立て続けに紹介したので。
初期値12/12で序盤から圧倒していきます。
テキストが一つ腐っていますが、それを加味しても使いたくなるパートナーかと思います。

 

Bランク

 

f:id:mainmainchaos:20180709185054j:plain

まるで胡蝶のよう「神鳳 杏」
イベント回収パートナーとしての知名度は一番だと思います。
エクストラキャラの登場がどのキャラからでも行えるので、テキスト達成も非常に容易です。
未来から来たパートナーだったのでBランクでもかなり上位の強さを誇ります。

 

f:id:mainmainchaos:20180709193742j:plain

風を操る鴉天狗「射命丸 文」
ジンオウガより古い中央!!??と驚かれたかと思いますが、このドラフトに文のテキストは噛み合いすぎてます。
まずどのキャラでもエクストラ登場できるので、自身を単騎にして剥がしてテキストももう一度誘発は基本です。
更にそこから、特権エクストラを使い倒します。
玲音やクオリディアコードなどが使い放題なのは魅力がありますね。
ただ、相手ターンは何も書いてないので工夫が必要です。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185137j:plain

はぐれ一匹オオカミ「高田 ノブチナ」
レスト嫁です。
最大値はうたた寝と決まった時は気持ちいいです。
ノラととで唯一採用できるパートナーでもあります(笑)

 

f:id:mainmainchaos:20180709185211j:plain

大切なモノを守るために「リーネ」
なんとこいつ、ドラフトだと単騎を挟むことで焼きテキストを二回使えます。
暴れたらヤバいやつ筆頭です。
しかも直ダメも書いてあるとか・・・。
フレンドが3体揃うまで、いかに耐えるかがポイントです。

 

Aランク

 

f:id:mainmainchaos:20180709185248j:plain

素直になれない彼女「澤村・スペンサー・英梨々
正統派なサイズ貫通に加え、多くのテキストを内包しています。
このカード単体で完成しており、フレンドやイベントを自分好みにすることができるのも魅力の一つです。
冴えのパートナーはドラフト向きなものが多く、是非採用してみてください。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185320j:plain

気高く貴き存在「ベアトリス」
直裏効果持ちのパートナーです。
キャラとイベントのどちらに寄せるかでpickが大きく変わり、こちらもプレイヤーの特色が出るパートナーかと思います。
復帰テキスト持ちなのも評価が高いです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185345j:plain

白銀の二つ名「ターニャ・デグレチャフ
幼女戦記からは白銀ターニャがお勧めです。
このパートナー独特の奇怪な動きはドラフトだとより楽しめるかと思います。
レストやリバースをうまく利用できるカードを採用することで、盤面を制圧していきましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185409j:plain

不敵でグラマー「カラミティ・メアリ」
物量で押し通すセット嫁です。
まほいくにはなかった高い補正値のセット、更に追加セットを採用することで予想を超える打点を作り上げます。
追加セットはカード名ごとに一枚ずつ追加でセットできるので、沢山中央に貼ればワントップのような状況も作れます。
ただ全割には注意。

 

 

 

2.キャラ

 

 推奨枚数

4人;110枚

6人;165枚

8人;220枚

 

pickに必要なキャラの紹介です。
オススメのカードを紹介しますが、こちらは多くの選択肢があるのでドラフトを作る人の好みで大きく変わります。

ただ登場条件が同じばっかなのは問題ありなので、ある程度散らせてください。

 

①キャラの状態を変更しないキャラ

 

登場条件なし、2引1捨、2枚公開の登場条件持ちがここに含まれます。
デッキの初動になるので、一人あたり10枚くらいpickできるようにするのがベストです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185731j:plain

アルゴス”彷徨える愛の狩人“衛士”「ヴァレリオ・ジアコーザ」
昔よく見た互換ですね。
よく乱入してけもフレで盤面から消えたりはしますが、使いやすい1枚となっております。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185815j:plain

プールサイドの誘い「榊 由美子」
手札誘発ですね。
けもフレがいるので困ったときの着地にも。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185848j:plain

千葉都市次席「千種 霞」
Chaosそこそこやってきた人ならわかると思いますが、2引1捨や2枚公開条件のキャラはR以上なことが多く、スペックが非常に高いです。
なかには禁止推奨のものもいくつかあるので、採用にはご注意を。
霞くらいなら許せるラインかと思います。

 

②キャラの状態を変更するもの

 

復帰登場、裏リバ登場がここに含まれます。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185921j:plain

Moments at sea“浦島御三家”「御原 凛音」
こういったメタカードもいくつか採用しましょう。
上記のパートナーが暴れるだけの試合ばっかだと嫌ですしね。

 

f:id:mainmainchaos:20180709185945j:plain

大切な時間「朝倉 由夢」
逆に今度は攻撃的に。
こういった単純な貫通アタッカーはドラフトだと強かったりします。

 

 

 

3.イベント

 

推奨枚数
4人;60枚
6人;90枚
8人;120枚

 

こちらは、攻撃札防御札セット割・・・と分類ごとにある程度の枚数を用意しましょう。
通信機のようなメタカードがドラフトの都合上除去できませんだったり、防御札がなくダメージダダ通りは問題ありまくりです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190101j:plain

大いに凹む…
裏取りです。
多くのデッキで採用を期待できるのがここに分類されるカードなので、一定枚数欲しいです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190126j:plain

幼き日の思い出
今度はセット割りです。
セット嫁ほんとに強いんで、容赦ない枚数にしましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190159j:plain

笑顔の棄権
防御札。
相手ターンに復帰するテキストのカードも枚数欲しいので、そこそこ入れましょう。
キャラ棄権も用意したほうがいいです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190246j:plain

ましろ色シンフォニー
こういったバック送りテキストもいくつか。
これで相手の動きを縛っていきましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190312j:plain

エルニーニョ絵梨奈の明日の目覚まし予報
選択式テキストです。
これ1枚で多くの役割を期待できます。
選択式テキストを多く採用することで、動きが柔軟になります。

 

 

 

4.セット

 

  推奨枚数
4人;30枚
6人;45枚
8人;60枚

 

よく使う互換セットを一通り入れるとけっこうな枚数になります。
どちらかというと、使いやすいものを積むほうがいいです。
またコスト持ちのカードを指定したセット嫁もいくつかあるので、それを加味した枚数にしてもいいかも。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190402j:plain

ケータイ電話
一番メジャーじゃないですかね。
セット嫁問わず欲しくなる一枚です。
補正値2/2のセットは使いやすいのである程度採用しましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190427j:plain

作戦司令
タセットです。
焼きメタ控えメタは勿論、多くのメタカードを採用しましょう。

 

 

 

5.エクストラ

推奨枚数
4人;40枚
6人;60枚
8人;80枚

 

問題の箇所です。
一人あたりに配られる枚数は、
エクストラキャラ(けもフレ込み)6-7枚
特権エクストラ3-4枚
くらいが妥当かなと。
まあ紹介していきます。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190445j:plain

士官候補生「千早 群像」
単騎パージといえばこいつ。
復帰のハードルが下がりまくります。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190511j:plain

大和田の想いを受け取った「石丸 清多夏」
常駐するタイプのエクストラキャラ。
こちらはエクストラキャラ登場が条件のカードもあるので、それなりに入れておきましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180708222657j:plain

お菓子くださーい!「ニシツノメドリ」
けもフレ枠。
メタ用と攻撃用とそれぞれ入れてあげましょう。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190546j:plain

最強のライバル「玲音」
問題の特権エクストラです。
色々ヤバそうなのもありますが、だいたいは積んでも影響はないと思います。
本気でヤバいのはあとで紹介します。

 

 

 

6.禁止推奨カード

 

①パートナー

 

f:id:mainmainchaos:20180709190623j:plain

死の支配者「アインズ・ウール・ゴウン」
一番わかりやすいかと思います。強すぎて禁止の典型。
2ターン目くらいには、相手のデッキがほとんどなさそうな気がします。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190651j:plain

クールな“ギフティア”「シェリー」
こういった直ダメパートナー群も難しいかと思います。
特にシェリーは単体でテキストが完結しており、直メタがないとゲームにならない状況が生まれるのを危惧して禁止推奨とします。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190715j:plain

ミスリル”SRT所属「相良 宗介」軍曹
次に、「テキストがうまく発揮できず採用できないもの」
ユニット関連のテキストを持ったパートナーは今回のドラフトでは十分なスペックを発揮できないので、ほとんど採用していません。
ユニットドラフトとかを別の山で作ってみたい気持ちはあります。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190745j:plain

のせられやすい「栄村 茜」
一部界隈で非常に人気な栄村ですが、専用ネーム指定の壁は超えられませんでした。
こういったパートナーも採用は難しいです。

 

②キャラ

 

f:id:mainmainchaos:20180709190816j:plain

淑女を守る騎士「草壁 空」
同作品指定など存在しない空・・・強すぎる。
こういった仕事しすぎるキャラはマズいです。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190844j:plain

無知無能にして無力無謀「ナツキ・スバル
よくいる互換と思うかもしれませんが、このドラフトの覇王はすさまじくパワーが高いです。
これ一枚で勝敗が決まることも多いので、禁止推奨です。

 

f:id:mainmainchaos:20180709194709j:plain

恋する乙女「森園 立夏

エクストラ使いまわし系のテキストは危険です。

クオリディアコードやマルドゥークを永遠と使えるって考えると・・・。

そもそも表にする行為も問題があって、ゼロからを1ターン目から捲ったりします。

 

f:id:mainmainchaos:20180709194748j:plain

ネーム持ちエクストラを裏にするだけのカードは採用してもいいと思います。

 

③イベント

 

f:id:mainmainchaos:20180709190935j:plain

切り開く未来
キャラ増えるイベントはアウト。
キャラ増える有名なカードとして紹介しました。

 

f:id:mainmainchaos:20180709190959j:plain

溺れる魚
防御札は、これとフォールンダウンが禁止推奨です。
一枚で完全に止まるのはやりすぎですね。

 

④セット

 

じつはセットは今のところ禁止推奨カードは存在しません。
やさしい。

 

⑤エクストラ

 

f:id:mainmainchaos:20180709191051j:plain

f:id:mainmainchaos:20180709191113j:plain

共に歩む覇道
リトルバスターズ!
語る必要なし。

ぶっ壊れ。

 

f:id:mainmainchaos:20180709191142j:plain

DreamDays
復帰の確保、裏の確保とこれ一枚で自ターン中の動きが相当楽になります。
上の二つよりは採用の可能性がありますが、非常にパワーが高いです。

 

 

 

ということで、オススメ採用カードと禁止推奨カードの紹介でした。
この記事を読んで、キュードラを作って遊んでくれればなによりです。