まいんまいんサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップデートスリーブ紹介(まじ恋編)

f:id:mainmainchaos:20170412124518p:plain

お久しぶりです。湊です。
前回記事から大分間が空いてしまいました。申し訳ありません。

今回は先日発売されたアップデートスリーブから<OS:真剣で私に恋しなさい!!>(以下まじ恋)を紹介します。

 

 

 

 

◯アップデートスリーブPR紹介

 

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171036j:plain

『ドッキリ大成功』

 

テキストを3回くらい見直したぐらい強いです。

 

このカードが表の状態で有効となる自分のアリーナのキャラの【登場】が失われる効果は最近では『共存』が同じテキストを有しています。

こちらは、コストの軽い除去である『柔らかくなるコツ』互換を受け付けないという地味な強みがあります。

相手に要求できる枚数が増大するため、相手の息切れが早まるか手札を補充するために、相手の山札の減る速度が早まります。

 

またMainの登場を無視して登場させるという効果もこのOSでは非常に強いです。

旧くからあるOSなので、登場させにくい有用な大型キャラが存在します。

f:id:mainmainchaos:20170405172520j:plain

『サンデーを食べる「羽黒 黒子」』などが良い例ですね。特定のパートナーはとても嫌がるカードです。

 

更に、Main&Battleの相手の控え室を2枚バックヤードへ送り、1ドローという効果もついています。書きすぎです。

そして驚くべきことにこのMain&Battle効果にはターン1がありません。

ラストターンに一気にカードを引いて畳み掛けたり、相手の全力攻撃に合わせて手札を補充し防御札を大量に使用したりと、幅広い用途があります。状況に応じて使い分け可能な便利カードですね。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171053j:plain

『超上機嫌』

 

今回のアプデスリーブの中では1番パッとしないかなという印象の、カードです。

 

耐久減少メタと、自分のパートナーの接触時に相手の控え室を2枚バックヤードに送るかパートナーの攻耐片面2上昇を選択できるテキストです。

盤面にセットされている枚数分だけ反応するので最大パートナーが片面8上昇も可能ですが、セット割であっさり処理されてしまいます。

最近は『教えに忠実「スイムスイム」』の影響もあり、全セット割が多く採用されているため使いづらくなってしまっています。

まじ恋にはセットカードをアリーナに要求する所謂セット嫁と呼ばれるパートナーが少ないというのも向かい風になってしまっています。

 

今後相性の良いカードが出てくれると化けるカードではあるので、先が楽しみでもあります。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171105j:plain

『楽しい時間』

 

今回のまじ恋の追加の中で最強クラスにぶっ壊れてると感じたカードです。ただただ強い。

テキストは2種からの選択式で、片方はガードキャラが選ばれていないバトルで貫通持ちから受けるバトルダメージを8減少する、『その少女の名は---』の亜種テキストです。

手札コストがなくなったことと、使用回数に制限が無くなったことから、テキストそのものは弱体化しました。

 

特筆すべきはもう1つのテキストで、目標のキャラに接触相手の上昇無効を付与するというテキストです。

これは僕が何気なく好きでこっそり使っていた『祖父たちの計略「ディートリンデ」』や『好奇心の追求「涼宮 ハルヒ」』が有しているテキストで、所謂ノストラダムス互換と呼ばれる能力です。

これを相手ターン限定かつバトル終了時までとはいえ好きなキャラに付与できるというのは破格です。もちろんパートナーに付与することもできます。

パートナーにこの能力を付与できるのは、上記2パートナー、まじ恋と同じくアプデスリーブの<OS:てぃ〜ぐる>に収録されたセットカード『和葉の罵倒』、そして<OS:sprite&fairys>に収録された『アンジェリック・ヘイロー』のみ(不足してたらごめんなさい)と非常に数が少なく、同じイベントカードの『アンジェリック・ヘイロー』はパートナーしか指定できないということを加味すると、『楽しい時間』はとてつもなくハイスペックなイベントカードであると思います。

 

どちらのテキストを選択しても、デッキの防御の根幹を作るカードとなっています。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171146j:plain

◯追加を踏まえ、選んだパートナー
私は『凜然たる眼差し「源 義経」』を選びました。

まじ恋の追加は、単体毎に見るとアプデスリーブの中でも比較的強さが抑えられています(他がぶっ飛んでるだけとも言えますが)。
そのため、自身に「上昇+ドロー+貫通」が全て書いてある義経を選びました。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171550j:plainf:id:mainmainchaos:20170405171541j:plain

また、義経は専用フレンドの『ブレない男「那須 与一」』が非常に強力です。

現環境を席捲している『空翔ける者「朱雀 壱弥」』を初動なら裏にしやすい他、今回のアプデスリーブで強化された<OS:Navel>に対してはパワーカード『溺れる魚』を突破しやすくなったり、『快活「サイネリア」&箱入り「ネリネ」』が登場してきても与一を裏にしなくてはアタッカーを裏にされてしまうなど、対策を強要できます。

同じく専用フレンドの『パワー系の意地「武蔵坊弁慶」』も与一の恩恵を受ける他、パートナーと自身のステータスを伸ばしてタッチレスト貫通で攻める事の出来る優秀な相方です。

バウンス乱入も持っているので登場しやすいという点も高評価です。

 

 

 

義経のデッキレシピ


Chara】31枚
4 『凜然たる眼差し「源 義経」』(パートナー)
3『何事にも真面目"水着"の「源 義経」』(特徴要員+レベカ差込用)
4 『パワー系の意地「武蔵坊弁慶」』(専用フレンド1)
4 『ブレない男「那須 与一」』(専用フレンド2)
4 『"猟犬部隊"偵察担当「リザ・ブリンガー」』(壺由美子互換)
4 『大人びた私服「最上 旭」』(永続上昇+回収メタ)
3『"天神館"双子の姉弟「尼子 ハル」&「尼子 晴」』(相性◎のドロソ)
1 『"風間ファミリー""ナース服"の「椎名 京」』(特徴要員)
1 『"梁山泊"天微星「史進」』"特徴要員+メタ)
1 『"教師"「小島 梅子」&「宇佐美 巨人」』(特徴要員+メタ)
1 『"九鬼家"従者部隊一流の忍術使い「忍足 あずみ」』(特徴要員)
1 『小悪魔"バニーガール""江乃死魔"「乾 梓」』(特徴要員)

 

【Event】15枚
3 『甘い口直し』(アプデ記念PR)
2 『夏の風物詩 花火大会』(リベンジ互換)
2 『無防備な寝顔』(単独先行互換)
3 『梁山泊極技・黒豹疾駆』(特徴参照呪文)
4 『楽しい時間』(少女もどき。ただ強)
1 『マイアミの暴れん坊』(ラドン互換)

 

【Set】4枚
4 『二人の世界』(帽子互換)

 

【Extra】
3 『めんこい売り子さん「源 義経」』(ガー不)
4 『ドッキリ大成功』(アプデPR、ただ強)
2 『最高の初体験へ「最上 旭」』(リベンジ単体)
1 『逸脱した色気「武蔵坊弁慶」』(イベント回収)

 

 

義経のコンセプト
複数の攻め手を状況に応じて使い分け、一気に相手の山札を奪いにいく型になっています。今のChaosTCGは攻める力が非常に強く、守りきって勝つというコンセプトは厳しい展開を強いられるため、今回は防御は必要最低限に抑えています。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171653j:plainf:id:mainmainchaos:20170405171659j:plain

義経の攻め
『めんこい売り子さん「源 義経」』による、攻撃力参照のガード不可と『梁山泊極技・黒豹疾駆』による、相手のパートナーを一撃でダウンさせる焼きの2段構えで戦います。


そのため、この2種類の攻めを補助するカードを多めに採用しています。
当然ながら理想的な動きは相手のパートナーによって変わるため、エクストラデッキやイベントカードの使用にはほんの少しだけ気を使います。

 

 

f:id:mainmainchaos:20170405171746j:plain

義経の守り
『楽しい時間』で上昇無効付与を選択して守ることがほとんどになりますが、義経自身のテキストとリザ(壺由美子互換)を合わせた攻撃力減少や、黒豹疾駆による焼きも防御で使うことができるの意外と守れてしまったりもします。

 

f:id:mainmainchaos:20170405172109j:plain

◯キャラの展開
『ブレない男「那須 与一」』が手札にあればレベルカードを引きすぎていない限りはスタートします。

パートナーの効果で与一を控え室に置いてカードを引き、『ドッキリ大成功』で与一をそのまま登場させるのが美しい流れです。


2手目は『大人びた私服「最上 旭」』か『パワー系の意地「武蔵坊弁慶」』を登場させます。

このターンまでにパートナーにエクストラのレベルカードを差込み、イベント無効が成立していると理想です。
3手目以降は手なりに登場させていければ良いと思っています。

 

 

義経の弱点
義経というよりはまじ恋全体に言えることですが、とにかく復帰が弱いです。毎ターン盤面を全て裏で返されるとかなり早い段階で復帰が追いつかなくなってしまいます。ここをどう克服するか、要研究ですね。

 

◯総評
まじ恋はプールも広く、特殊なカードも多いため様々な構築をすることが可能なOSです。

旧弾の使いづらかった大型キャラも今回の『ドッキリ大成功』で簡単に登場させられるようになり、さらに構築に幅が出せるようになったと感じています。


他のアップデートスリーブPRに比べると少し見劣りするかもしれませんが、プールとの噛み合わせとパッと見でわかりにくい強さはピカイチ(これは良い点なのか?)です。
正直、1からデッキを作ってみたいと思わされた収録内容でした。

皆さんも是非購入して、まじ恋デッキを作ってみてはいかがでしょう!

 

今回は以上です。お疲れ様でした。